橋本駅(相模原市橋本)の歯科医院、「なかやま歯科医院」公式ホームページ

なかやま歯科医院

橋本駅徒歩10分(東橋本1丁目)

地図・交通

予約受付ダイヤル
042-773-0922

WEB診療予約

サイトマップ

マタニティ歯科治療

妊娠中は、女性ホルモンの増加やつわりによって、お口の中の環境も変化します。また、食事の量と間隔が不規則になったり、歯磨きがしにくくなったり、生活習慣にも変化が起こります。
そのため、妊娠中には普段以上にお口のケアに注意することが必要です。
医院でプロフェッショナルケアを行い、ご自宅で適切なセルフケアを実践することで、妊娠中にも健康な口腔内環境を維持しましょう。

妊娠性歯肉炎

ご存じですか?「妊娠性歯肉炎」のこと

妊娠期は、体調の変化だけでなく、口腔内に病変が現れやすくなります。特に「妊娠性歯肉炎」は、妊婦の30~70%がかかっている病気で、歯肉が赤く腫れる、出血するなどの症状が現れます。そして、この「妊娠性歯肉炎」は、早産・低体重児出産の原因にもなるため、注意が必要です。

早産・未熟児出産の確率は7倍以上

最近の研究で、妊娠性歯肉炎を含む歯周病を患っている妊婦は、早産や未熟児を出産する確率が健康な人の約7.5倍も高いという事実が報告されています。これは、飲酒が早産を招きやすくする確率(約3倍)よりも高い数字です。
このメカニズムの全容は明確になっていませんが、歯周病菌の影響が口腔内から血液を通して全身に及んでいる可能性が指摘されています。
当院では、マタニティ歯科治療として、妊娠性歯肉炎の治療も積極的に行っています。

妊娠期の歯科治療

「妊娠中でも歯科治療は受けられますか?」といった質問をよく受けます。タイミングをしっかり見極め、積極的に受診しましょう。
出産後は育児に追われ、歯科に行くこともままならなくなることもあります。

妊娠初期
1~4ヶ月
つわりが激しく、切迫流産の危険性がある時期です。緊急を要する症状がない限り、この時期の治療は控えます。
妊娠中期
5~8ヶ月
安定期でつわりも落ち着きます。特に身体に問題がなければ、この時期に治療を行います。特に自覚症状がなくても、受診をお勧めします。
妊娠後期
9ヶ月~
いつでも陣痛が起きる可能性がある時期です。できるだけこの時期の前に治療を終わらせます。

マタニティ歯科治療 Q & A

  • 妊娠中にレントゲンを撮っても大丈夫?
    歯科用レントゲンでは、直接お腹にX線が当たることはなく、X線防護用のエプロンも着用するため、問題ありません。
  • 麻酔は赤ちゃんに影響しませんか?
    歯科治療での麻酔は、局所麻酔で薬液の量も少ないため、注射した部位以外に影響することはありません。ただし、過去に麻酔薬でアレルギーが起きたり、気分が悪くなったりしたことがある方は、事前にお知らせください。

細菌の母子感染の予防

誕生直後の赤ちゃんの口腔内には、虫歯や歯周病の原因菌は生息していませんが、歯が生える時期に身近な大人からこれらの細菌に感染します。もっとも身近な感染ルートは、お母さん(母子感染)です。
お母さんが虫歯、歯周病を治療し予防することで、原因菌の感染リスクを少なくすることができます。

できるだけ妊娠中に、出産後であれば赤ちゃんの歯が生える時期までに、治療や予防を受けて、母子感染を防止しましょう。

歯の健康・美容に関する些細なご相談もお気軽にどうぞ!

042-773-0922

WEB診療予約

JR横浜線・相模線・京王相模原線「橋本」駅より徒歩10分

〒252-0144 神奈川県相模原市緑区東橋本1-13-16 地図・交通はこちら

  月 火 水 木 金 土 日
8:30~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 9:30~ 休診
14:30~19:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 ~18:30 休診

※平日の最終受付は18:00になります。 ※土曜日・祝祭日:9時半~13時 / 14時~18時。※休診日:日曜日

ページの先頭へ